So-net無料ブログ作成
スキャルピング 平均足 ブログトップ

スキャルピング 平均足 1分足チャート使用 [スキャルピング 平均足]

スキャルピングの手法はいっぱいあります。

今回は私がメインで使っているスキャルピング手法である

平均足を使った手法を紹介したいと思います。



スポンサーリンク



平均足チャートを使ったスキャルピング手法



1min.jpg

ポンド円 1分足チャートと平均足

上の画像は下が平均足

上がオリジナルのローソク足

平均足の特長は陽線や陰線が連続して出るためトレンドを

つかみやすいというところです。

スキャルピングには色々手法があり、大きく分けて値段の行き過ぎを

抑える逆張り手法や

トレンドに乗っかって利益を大きくとる順張り手法があります。

たとえば、このブログでも紹介している小林芳彦氏の

スキャルは逆張り手法ですね。

逆張り手法について知りたい人はこちらどうぞ>>小林芳彦氏スキャル手口


ここでは順張りについて紹介します。

順張りスキャルの特長は小さい損に対して、大きい利益を狙う

損小利大のトレードが可能であるところです。

上の画像を見て分かる通り、

上昇トレンドにおいて押し目から反転していく過程を

平均足の陽線がうまくとらえています。


平均足で陽線が出たタイミングで買いでエントリーしていれば

大きくpipsを取ることができるのが見てわかると思います。



もちろん予想に反して反落した場合でも

平均足で陽線に転じた直近の安値にストップをおいていれば

浅いストップで抑えることができます。

相場の状況にもよりますが、ドル円ならば

ストップ値幅は2~4pips程度、

利幅は5pips以上狙っていいでしょう。

勝率が5割を超えるならば利益を十分に残すことが可能です。



平均足のデメリット



いいこと尽くしに見える平均足ですが、デメリットもあります。

それは平均足は文字通り平均値を取っているため

陽線や陰線に転じるタイミングが実際のローソクよりも

遅いところです。

平均足のローソクだけを見て、「平均足でトレードすれば

簡単じゃないか」と初心者は結構います。

しかし、実際には相場が速いときは、平均足でサインが出たときは

すでに価格がかなり進んでしまったときであることもあります。

そうなるとストップ(損切り価格)まで遠くなってしまいますから、

エントリーして逆行したときに大きな損をかぶってしまいます。

このときにロット調整などをして、損切りになっても

大きな損にならないように気をつけます。



ランキング参加しています
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
スキャルピング 平均足 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。