So-net無料ブログ作成

スキャルピング 基礎2 リスク管理とか勝率とか [スキャルピング手法]

前回の記事でスキャルピングで抱えるリスク「ロットの調整」について記事にしました。

今回はリスク管理の話です。


スポンサーリンク




スキャルピングに必要な資金と失える金額



スキャルピングをする時は自分の資金とそこから割り出した許容できる損失を計算で出しておきましょう。


一般に一度のトレードで失える資金は2%と言われています。
100万円の資金があれば、一度の損失で2万円まで失えるということですね。


しかし、これはスイングトレードや長期投資の話で、スキャルピングに関してはもっとシビアにしたほうがよいでしょう。


もし仮に10万円のスキャルピング資金があって一度のトレードで失える資金は1%程度であると感じます。この辺りは自分のトレード手法がどのくらいの勝率なのかにも関わってきますので一概に言うことは難しいです。



一度のトレードで10%の資金を失ってしまったらたぶん冷静ではいられないと思います。





リスクリワードレシオも関係がある



損失に対していくらの利益が得られる計算か?これをリスクリワードレシオと呼んでます。

スキャルピングをやっていて、損切りが続くと「今までの利益が飛んでしまった」という状態になり、損を取り返そうとする心理が働きます。この状態、かなり危険です。



相場をやっている以上損が続いてしまう状況になるのはやむを得ませんが、その時に冷静でいられる心理状態が必要です。



利益:損失が1:10であれば、1回の損失で10回分の利益を失うわけです。これは非常によくない状態になります。多くの場合冷静でいられないでしょう。



利益:損失が1:1であっても、勝率が6割程度ではやはりストレスがたまってきます。

利益:損失を1:1~2:3程度に収まるようなテクニカル優位の局面を見つけ出し、勝率を7割以上にするか、利益:損失を3:2程度になるようにして、勝率を5割程度にするという戦略もありだと思います。



ともかく、テクニカル研究をして「ここなら勝率が高い」というポイントを見つけ出すようにするというのがスキャルピングの基礎になるはずです。




ランキング参加しています
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村


スキャルピング 基礎1 ロットの調整 [スキャルピング手法]

スキャルピングというのはひとつのトレード手法です。FXに限らずトレードの手法はだいたい次のどれかに分類されます。

長期投資(数ヶ月~数年程度のスパンで取引する)

中期投資(数ヶ月に一度の取引)

スイングトレード(数日~1ヶ月程度に一度の取引)

デイトレード(1日でトレードを完結させる)

スキャルピング(数秒~数分でトレードを完結させる)


もしかすると、スキャルピングはリスクが少ないのではないか?と考える人もいると思います。それはその通りリスクは少ない面もあるのですが、一歩間違うと大きなリスクを背負うはめになります。


スキャルピングでリスクを大きなリスクを抱えてしまうかどうかは、判断力と決断力によります。

今回はスキャルピングの基礎となる取り組む姿勢について書いておきたいと思います。

スポンサーリンク



スキャルピングでリスクが大きくなる理由



スキャルピングは数秒~数分で終わらせるトレードなのだから、損失の塩漬けにならない分安全なのではないかと考える人もいると思います。


数秒~数分であればたしかにそんなに値動きはないわけですから抱えるリスクは最小であると言えます。

しかし、実際にはかなり危ない局面も存在するのです。



ポジションが大きすぎる



douren.jpg

上のチャートはドル円1分足チャート。

東京の市場が開く9時からドル円は急騰し、40pips強上昇しました。

その後、落ち着いて4~5pipsの値幅で推移しています。



4~5pips程度のレンジ幅を狙って逆張りのスキャルピングをすると何度か繰り返して利益を取ることができます。4~5pips取ることを目的として10万通貨の売買を繰り返せば4~5千円取れる計算になりますね。



値動きが小さい時に大きいロットを建てるということは誰もがやることです。この時に為替がポジションと反対の方向に急激に動き出すと突然大きな損を抱えることになります。



問題は突然為替が動いたことというよりは、予期せぬ動きが起きた時に潔く損が切れるかどうかにあります。すぐ戻るだろうと思って、損を抱えたまま放置していると強制ロスカットになってしまうことが多々あります。



実際、FXで退場してしまうトレーダーの多くがこのタイプであると思います。



上のチャートではドル円を紹介しましたが、ドル円はまだ動きがおとなしい方で為替の急変動が少ない通貨です。儲けをたくさん欲しいひとはもっとボラティリティがあるポンド円などを選ぶかもしれません。



儲かっている時はいいですが、一度損失を抱えた時にとんでもなく一方向に動いていくのがポンド円ですから、そうなった時の対策を持っていないと一発で退場がありえます。



ランキング参加しています
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村



スキャルピングでオシレーター指標はこう使う [スキャルピング手法]

前回の記事でダウ理論について説明しました。

前回記事>>スキャルピングにかかせないダウ理論

スキャルピングでテクニカル分析は欠かせないですが、それ以前にダウ理論が基本となっています。ダウ理論が定義する上昇トレンド、もしくは下降トレンドに従っていない相場環境では一度入ったエントリーでも撤退して様子見することが重要です。要するにテクニカル指標の前にダウ理論が来ます。



さて、ダウ理論が基本としたうえで今回はスキャルピングでのオシレーター指標の使い方について記事にしておきたいと思います。

スポンサーリンク




スキャルピングでオシレーターはエントリーに使う



昔買ったFXの商材でオシレーター指標を使って逆張りトレードをする手法を学びました。今はまったくその手法を使っていません。


私はオシレーター指標は一定の優位性はあると認めますが、それを中心に据えて「今は買われすぎだ」とか「現在の値段は安すぎる」といった使い方はしません。



多くの投資家は高すぎるとか安すぎるといった値ごろ感で売買します。一方スキャルピングをする人にとって価格は単なる数字で高すぎるとか安すぎるといった考えはありません。



なのでオシレーター指標の意味も一般的な使い方と少しズレてくるんですね。


下のチャートを御覧ください。ポンド円の1分足です。

gbpocillater.jpg

チャートの環境を認識しておくと、移動平均線はゴールデンクロス中であり、ダウ理論の観点からも高値を更新していて、安値が切り上がっているので上昇トレンドと認識できます。


この場面では高く上がったところを売りで入るのではなく、安く下がったところを買いで臨みたいところです。


ではどうすれば、安い値段で買えるでしょうか?



その時使えるのがオシレーター指標なのです。


オシレーター指標ではストキャスティクスが短期線を上回るゴールデンクロスをしているのが見えます。このタイミングで買うとトレンドが継続する場合は上昇していく可能性がかなり高いです。



利食いと損切りの考え方



オシレーター指標を使ってこのタイミングで入るのには理由があります。


それは安く買うということもそうなのですが、とりあえずの安値がいくつなのか決めやすいということです。オシレーター指標を使ってここで入るととりあえずの安値がオシレーターの反転するところです。反転が確認できたらここをとりあえずの損切りポイントとして考えます。



そうすることで非常に小さい損切りで終えることができるのはわかりますよね。


一方の利益は2~3pipsあるいは利益を伸ばして耐えていると10pipsくらい狙えると思います。


利食いに関しては私はオシレーターを使っていません。一定して2~3pipsとしています。



これについては色々検証しましたし今もまだ検証中ですが、なかなか頂点に近いところで利食いができる指標というのはありません。あれば教えてもらいたいですw



結局スキャルピングは1分足など短い時間足を使うのでテクニカル的には根拠が弱いです。また、すぐ反転してきてしまうので、あまり利益を延ばすという考え方もうまくいきません。



一定のpipsで利食ってしまうのがよろしいかと思います。




ランキング参加しています
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

スキャルピング テクニカルおすすめの組み合わせ [スキャルピング手法]

スキャルピングはデリケートな取引手法です。必要なのはまさに精確さ。適当に売買して利益は積み上がらないのがスキャルピングの難しいところです。


当然、スキャルピングをやるにはテクニカル的に有効な指標を使います。この組み合わせがダメだと利益を増やすことは難しいでしょう。

スポンサーリンク



基本はトレンド指標を使う



スキャルピングで使うテクニカル指標はトレンド指標を中心に据えるのが良いと私は思ってます。スキャルピングは短い時間とは言え、値幅があったほうが稼げますからそれに乗っかるためのテクニカル指標を使うべきです。


おすすめのテクニカル指標は「指数平滑移動平均」です。
この指標は移動平均線を改良したものですが、非常に多くのトレーダーに使われていて適切な数値で運用すると転換点などでしばしばワークしていることを感じられると思います。

指数平滑移動平均をスキャルピングでどう使うかはまだ記事にしていなかったので、近いうちに必ず書きます。

「ボリンジャーバンド」もおすすめです。逆張り指標として使っている人も多いですが、考案者のボリンジャーが言うように「基本は順張りとして使う」のがおすすめです。特にトレンドが出た時は順張りで使うと大きく利益を伸ばせる傾向があります。



一方あまりおすすめしないのが「一目均衡表」
おすすめしない理由はいくつかありますが、一番大きい理由は「線が多すぎる」ということ。「どこかを割ってしまったら損切る」ということは多くのトレーダーが感じますが、一目均衡表の線を損切りラインとして採用してしまうと、損の幅がまちまちになってしまって資金管理がやりづらくなります。

また、一目均衡表を1分足の根拠としているトレーダーがどれだけいるか?採用しているトレーダーが少なくなるほど根拠にならなくなります。




押し目買い戻り売りにオシレーター



トレンドを追っていると「なるべく安いところで買いたい」「高いところで売りたい」はずです。押し目一杯、戻り一杯のポイントを教えてくれるのがオシレーター系指標です。


おすすめは「ストキャスティクス」や「RSI」あたりになります。どちらかというと、オシレーター系もクロスがあったほうがエントリーにたいする確度があがるのでストキャスティクスの2本線バージョンを使うと良い結果が出せます。

stochas.jpg

上の黄色い◯がストキャスティクスのクロスしているところ。なかなかの精度です。もちろんダマシなどもあるのですが、それはダウ理論など他の考え方を取り入れたりしてさらに精度を挙げていく努力をしていきます。




ランキング参加しています
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村




スキャルピングにかかせないダウ理論 [スキャルピング手法]

スキャルピングをするにはどうしてもテクニカル指標が必要です。

日経平均や株取引には板があって、板を読むトレードをしていたひとの中には値動きによってトレードするからテクニカル指標なんて必要ないという人もいます。


しかしFXには板はありませんから、テクニカル指標を使わざるをえないです。


テクニカル指標は何を使ったら良いのか?というのは重要なテーマですが、それ以前にチャートそのものを読むということがトレーダーには不可欠です。


スキャルピングやっていて大損をしてしまう人の多くはテクニカル指標の見たいところだけを見て、自分のポジションを正当化しようとしているように見えます。


gbpjpy1d.jpg

上の画像はポンド円日足チャートとRSIです。


RSIは売られすぎを示す指標です。一般的には20%を下回るようなら売られすぎと判断されます。



上のチャートでは完全に売られすぎですが、まったく下げ止まる気配はありません。また、RSIなどのオシレーター指標はダイバージェンスという現象があると言われます。ダイバージェンスとは相場の逆行現象で、相場は下落していても、RSIは切り上がっているので反転が近いことを示すと言われています。



実際そのダイバージェンスの通り反転することもあります。しかしそうならないこともあるのが相場です。上のチャートでは素直に売りをしていれば儲けが出たはずの局面です。



しかし、この局面で大きな損を抱えて退場したトレーダーがかなりいたはずです。これはポジションを買いで持っていて、それを正当化するためにダイバージェンスがどうのと後から理由を付けるためにそのようなことになってしまうのだと思います。


スポンサーリンク



エントリーと同時に出口は決まっている



たいていの投資家はエントリーしたらあとは儲けが出ることしか考えていません。それが大きな損失を出して退場してしまう原因になっていると思います。


エントリーしたらどこで利食いをするか、どこで損を切るのかハッキリさせておきます。これがないと損をいたずらにふくらませることになります。


一番シンプルでいいのはダウ理論です。


ダウ理論では、

上昇トレンドは高値はどんどん更新していきます。反対に安値はだんだん切り上がっていきます。

下降トレンドでは安値はどんどん更新されます。反対に高値はだんだん切り下がっていきます。

dauriron.jpg

上昇トレンドが転換するのは前の安値を現在の安値が下回った時、

下降トレンドが転換するのは前の高値を現在の高値が上回った時

と仮定することができます。



高値の序列、安値の序列が崩れた時がトレンドの終焉を疑うときです。



スキャルピングに使う1分足チャートや5分足チャートを見るとダウ理論が必ず示現しています。トレーダーはこのダウ理論を元に利益を上げるのが最も簡単です。


ダウ理論のメリットは損を小さく抑えることができる点にあります。


ダウ理論を使ったエントリー方法は別の記事で紹介していきますね。



応援をお願いします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村



スキャルピングで安定して勝つために必要なこと [スキャルピングのメンタル]

スキャルピングは短い時間に決済できるので資金効率が非常に良い。これは間違いのない事実ですが、いいことばかりではありません。

エントリータイミングが多数あることで集中力が途切れ、変な売買=根拠のないエントリーが増えて、「やめておけばよかった」と後から反省したくなるような取引が増えてしまいます。


スキャルピングで安定して稼ぐためには回数をなるべく少なくし、無理のない目標額を設定、目標額を設定したらあとはやらないくらいのスタンスが必要だと思います。


まあちょっと考えてみて欲しいのですが、スキャルピングやってどうなりたいでしょうかね?私はスキャルピングで生活できるというのが大きな目標でした。


スキャルピングをして、日に1~2万稼げれば今の仕事は辞められるか、減らすことができると思ったからです。

スキャルピングで億万長者になろうかとも考えたことがありましたが、資産として1億2億稼ぐのなら、スキャルピングなんてリスクのあるものをやらずにもっと安全な投資に目を向けたほうが利口だと思いました。


スポンサーリンク




エントリーするほど損するスキャルピング



下の画像はドル円1分足チャートです。

scalmotiai.jpg

スキャルピングの王道スタイルはやはりトレンドフォローかレンジの中での逆張り手法。



どちらかを選んでトレードするならともかくも、器用に立ち回ろうとして両方の手法を混ぜ合わせてスキャルピングするとたいていの場合やられます。


上のチャートは持ち合いの場面ですが、ここでトレンドフォロー手法を取るとかなりの回数やられます。


ブレイクアウト手法を取るトレーダーにもきつい局面だと思います。ブレイクアウトした後にすぐに戻ってきていますから。



スキャルピング上級者であればこういった場面でも積極的に利益にしていくことが可能ですが、そうでない場合はエントリーを絞ってトレードすることをおすすめします。



スキャルピングで安定して稼ぐにはテクニックというよりも心理的な面の影響が大きいと思います。


だいたいにおいてスキャルピングをしているととにかくポジションを多く無駄な売買が増えがちです。


その理由は損を早く取り返したい

もしくは、含み損を回復させたい


この辺りに集約されると思います。


スキャルピングをやるに当ってテクニカル指標による分析は欠かせませんが、ほぼ1分足などの短い時間軸でトレードすることになると思います。


スキャルピングをやっていて感じることなのですが、1分足のテクニカル分析は有効ですが根拠としては弱いんですよね。なのでダマシにどうしても引っかかってしまう。


これが単なる単純作業なら耐えられると思いますが、トレーダーは身銭を切ってやっているので、回数の多い損切りや額の大きい損切りに強いストレスを感じてしまいます。


こういう心理状態になってしまうと大変危険で、損失に対して鈍感になり、損が損を呼ぶ悪循環に陥ってしまいます。


したがって、スキャルピングで安定して勝つためにはエントリー回数を厳選し、目標額を設定のうえ、達成したらその日はもうやらないと決めてしまう。また、損失が一定以上出てしまったらやはりトレードをストップするというメンタルの管理をしっかりしていくことが重要と思います。



テクニカル指標がどうの言う前に心理状態を安定させる必要があるということです。
所詮1分足のテクニカル指標、あんまり当てになりませんから。



よろしかったら応援お願いします。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村




スキャルピング エントリー タイミングはここを狙う [スキャルピング手法]

スキャルピングで利益を積み上げていくには

いくつかの条件があります。

それらの条件を挙げてみますと、

・損小利小(大)

・高い勝率

・絶妙なエントリー

これらが必要であると思います。


結局スキャルピングは高勝率とはいえ、

負ける可能性があるわけなので、利益を

一度の負けで飛ばしてしまわないように

小さく損を切っていく必要があります。


その損も数が少なければなりません。


テクニカル的に反転するポイントというのは

ある程度決まっていますから、

そういったポイントとなる箇所を見逃さないように

集中し、条件がそろったら迷わずエントリー。

これがスキャルピングには必要です。


今回はスキャルピングにおける

エントリータイミングはどこなのか

記事にしておきます。

スポンサーリンク




何はともあれトレンドを認識する



スキャルピングであってもトレンドを見方につけることは

非常に重要です。

なので、スキャルピングをするにあたっては

環境認識をしっかりする必要があります。



スキャルピングをするに当って、

見る時間足は1分足を見ている人は多いと思います。

でも1分足だけでは環境認識はできません。


少なくとも1時間足から始まって

1分足を見ていかなければなりません。

勝率を上げるには日足、1時間足、5分足、1分という

順番で見ていきます。



トレンドの方向を見るにはダウ理論

そしてEMAがどのように動いているか観察します。

EMAがサポートラインとして機能しているか

それともノートレンドで何も機能していないかなど

しっかり見ておきましょう。


usdjpy1m1020.jpg



上の画像は10月20日のドル円1分足チャート。

上昇の動きが見て取れると思います。

この上昇トレンドでどこでエントリーするか

そのタイミングを図ることは非常に重要。


あまり高いところで買ってしまったら

利幅は残されていません。

かといって、トレンドの転換がいつ始まるか

わかりません。

なので利食いは損切りと同じ値幅かそれよりも

少ないのが理想。



まず一つ目。

上の画像の左端から説明します。

一つ目は一旦上昇した相場が移動平均線レベルまで

落ちてきています。

安値の最初の一回は見逃されますが、

その次のサポートラインと安値が並んだ◯印のところは

絶好の買い場と言えます。

もしここで買うことができたら、きわめて浅い

損切りを設定することができます。

ここから3~5pipsの上昇はさほど難しくないはずです。


もう一つは相場がだいぶ上に走り出した局面。

移動平均線には価格が触れていません。

こういうのは入るのは結構勇気が要りますね。

強ければロットを押さえて買いエントリーをします。

利食いは損切幅と同じくらいになるように設定します。


この時、直近安値が決まるのは価格が押し目の

半分近くまで戻したときです。

他、ストキャスティクスが反転したとか

平均足が買い点灯になったなども根拠になります。



3つめは移動平均線に触れているので結構わかりやすい

ですね。

でも上昇トレンドも終盤ですから、

いつはしごを外されるかわかりません。

利食いも3pips程度に押さえて起きましょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

スキャルピングの保有時間は3~4分 [スキャルピング手法]

スキャルピングをやっていてしばしば不安になるのは

「今のポジションは利食いになるのか損切りになるのか?」

ということです。



今までの私はある特定の値段に相場が動くまでは

じっと我慢の子と思っていましたが、

最近はあまり保有時間が長い場合は損切り

もしくは浅い利食いにするように切り替えていこうかなと

思っています。


スキャルピングの長所の一つは早く利益を確定できる

点にあると思います。

しかし、その優位性が確保できないのなら

早々と撤退しリスクを手放すのがスキャルピングの

エッジであると思うのです。



「損で終わりたくない」

「これを仕切った後、思惑通りに値段が動いたら悔しい」



そんな思いがポジションを持った後によぎりますが、

この考えが自分を危険にさらしているのだと

最近思うようになりました。

今回はスキャルピングにおけるポジションの

保有時間について記事にします。


スポンサーリンク




保有時間は相場のリズムから割り出せる



usdjpy1m1019.jpg

上のチャートはドル円1分足チャート。

EMAを3本表示させてあります。

注目したいのは値段が吹き上がっている3箇所。


基本私のトレードはトレンドフォロー手法であり、

値段が動き出して後、移動平均線近辺まできたら

オシレーター系の指標で逆張り気味に入る手法です。


昔から思っていたのですが、

相場の波はトレンドができているときはきれいな山型、

波状の形を示現します。


上のチャートで見ると、戻りにかかるローソクの本数と

その後反落にかかる本数はほぼ同じであることが見て取れます。



上のチャートでは2回めまでは規則通りの動きですが、

3回目の戻りでは戻るまでにかかった時間と

再び下落し始めるまでの時間が同じではありません。


この段階で下げ渋りを相場参加者に感じさせます。

スキャルピングではこういう場面に出くわしたら

即仕切るくらいがリスク回避の意味でちょうどよいのかなと

感じるようになりました。



トレンドは下ですから、

待っていればいずれ下がる可能性は高いです。


しかし、ここで急に吹き上げる可能性も高く、

そうしたリスクを避けるには仕切ってしまう方が

いいだろうと思うのです。



ちょっとしたことなんですが、

せっかく入ったのに利食いで終われない

悔しさってトレードしていると絶対あると思うんですよね。

この心理をいかに克服するか、はスキャルピングで

利益を積み上げるためには重要な課題になると思います。



危険回避能力。

このスキルは上げていきたいと思います。




スキャルピング ポジションの保有時間



うまく行っている時のスキャルピングポジションの

保有時間は3~4分であることが多いです。



建ててすぐ後に思惑通りに動いたときってほんとに

気分いいです。

相場環境を正しく認識できているときはそういうトレードが

連続します。

あんまり長くポジションを持っていても

いいことはありません。



損失を抱えて長く持っていると疲れますし、

利益が出ていてもあまり長く持っていると

すぐに利益がはがれてしまいます。

保有時間が短すぎて、浅い利食いになってしまっては

いけませんが、

長過ぎるのもまた然り。

波状をよく見て、どのくらいのペースで上げ下げしているのか

を確認し、利益を確定していくのが大切だと思います。




まとめ



スキャルピングのポジション保有時間は3~4分

波状の形は対称になることが多い。したがって、時間が長いと思ったらおかしいと考えて即仕切るのが良い。

保有時間の長さはリスクでしかない。


長文お読み頂きありがとうございます。

ランキング参加してます
↓ ↓ ↓ ↓

FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 為替ブログ FX 副業投資家へ
にほんブログ村


にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

スキャルピング 一日 何回やるべきか? [スキャルピング手法]

スキャルピングで利益を積み重ねて行く行くは相場で

生活・・・・

そんな状態を夢見て日々スキャルを研究しています(*^^*)

さて、スキャルを本業としてやるにせよ

副業としてやるにせよ、一日あたりどのくらい

取引をするものなのか考えてみる価値はありそうです。

FXをやり始めて間もないころは

1~2pipsとるチャンスはいくらでもあるのだから

日に100回でも200回でもやればいいんじゃないか?

多少損が出たとしても、1日中相場に向き合えるのなら

やればやるだけ儲かる!

そんな風に考えてました。


しかし実際には数が増えるに従っておかしなトレードも

増えてきます。

ルールを1回破るとあとはわけがわからなくなり、

いつの間にか大きな損を抱えている・・・

という展開は容易に起こりえます。


続かないんですよ、集中力が。


おかしなトレードをしてしまう原因は

思うように動いてくれない相場にあります。



人間、退屈だと変な気持ちが起きてくるものです。

相場が凪いでくると、退屈になってなんとなくポジションを

建ててしまう。

スキャルするならそういう状態にならない

活発に動く時間帯を狙ってやるのはよい考えであると思います。



相場が動くのは東京市場が始まる9時前後、

ロンドンが開く16時~17時くらい、

ニューヨークが開く23時くらいが一番よく動きます。


スキャルをするならその時間帯に絞ってやるべきと

私は考えます。





何回エントリーポイントがあるか調べてみた



スポンサーリンク




9to12.jpg
1to3.jpg
4to8.jpg
8to11.jpg
11to1.jpg

上の画像はドル円1分足チャート

今日のチャートなんですが、ざっと見てルールにしたがって

エントリーするならこのポイントだろうというところに

印をつけてみました。今日実際にすべて入ったわけではありません。



採用する売買ルールは移動平均線とダウ理論、

グランビルの法則など。


赤丸は買い、青丸は売りで入るポイント。

利食いも損切りも両方とも書き込んであります。


全部で24回ありますね。

朝から晩まで張り付いてトレードした場合の

しっかりした根拠があるところだけで24回ということです。



このしっかりした根拠があるところで確実に入れれば

相場で生活していくことが可能でしょう。



しかし実際にはこれとは関係無い場所でエントリーを

してしまうと思います。

これが利益を減らし不安定なトレードになってしまう

原因になりえます。



FXやスキャルピングで「マインドが大事」と言われるのは

こういったことであると思います。




スキャルピングは回数多くよりも目標pips



スキャルピングはやればやるほど儲かるというほど

甘いものではないとわかると思います。



むしろ、やればやるほど損する可能性が高まるので

一定の目標額を決めてそれを達成したら

スキャルを止めて他のことをやるくらいの気持ちで

臨んだほうが利益を積み重ねられるトレーダーになれると

思います。



スキャルピングスタイルは人それぞれ千差万別。

なので私が書いた今回の記事の一日でスキャル回数24回

というのはあくまで私の場合という話に過ぎません。



でも、これからスキャルを始めてみようという人は

なるべく少ない回数で高勝率を目指すトレードスタイルに

すべきだと思います。



長文お読み頂きありがとうございました。



ランキング参加しています
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

1to3.jpg

スキャルピング平均pipsどれくらい? [利食いと損切りの決め方]

スキャルピングは勝率が命。

利食いもテクニカル的に優位なところよりも

2~3pips乗ったら利食ってしまえとよく言われます。


トレードスタイルは人それぞれなのでこれが正解

というのはありませんが、

どれくらいのpipsを利食って損切れば

スキャルで生き残れるのか?というのは

考えてみる価値がありそうです。


今回は自分のトレードを振り返りつつ

スキャルピングで平均pipsはどれくらいが

妥当なのか考えてみたいと思います。


スポンサーリンク



10月10日~17日までの結果



9月の下旬に引っ越しまして。

新たな環境でネットに繋がったのが10月9日くらい。

その翌日からのデータがこちら

result1.jpg

result2.jpg

result3.jpg

result4.jpg


1日1万円を目標にがんばってますが、

なかなか時間が取れないこともあって

目標には全然届いていません。

でも、ルールを設定し、その通りに利食いと損切りは

行えているかなと感じます。




スキャルピング平均pipsを計算



上のデータを抽出しCSVでダウンロードしました。

結果は次の通り。


      勝ち    負け
回数    35回    15回    勝率70%
獲得Pips  98.5pips  -44.3pips  53.9pips
平均pips  28.1pips  -29.5pips 


ヒロセ通商の小林芳彦氏のレンジとストップを参考にして

建てた売りでストップに引っかかったものが1個あり、それが

一番大きな損切りで-10pipsでした。

これがなければもっとパフォーマンスは良くなっていたはず・・・

別に小林先生のせいではありませんw


このスキャルどうやってんだ?という人はこちらご覧ください>>スキャルの鉄板手法



先週は損切と利食いがほぼイーブンで終われたので

純粋に勝率勝負でした。

これが続けられれば利を積み上げていくことが

可能になるはずです。



スキャルピングで損を切れない場合




スキャルピングで損を切るというのは大きなテーマです。

テクニカル的に損を切るところというのは

結構簡単に見つかっているはずです。

それでも損を切れないというのは

建てているロットが大きすぎる可能性があると

思います。

経験的にそう思います。



私も「ここはイケる!」と思ってちょっと大きめのロットで

やったり、ストップまで遠いのにロットを調節しなかった時

などは損を切りづらくなります。



さすがに無限ナンピンとか追証とかはやりませんが、

ストップをズラしたい衝動にはかられます。

これを自制できるかどうかはスキャルピングで生き残るための

重要な鍵となるでしょう。



スキャルの場合見ている時間足は1分足でしょうから

価格のノイズもたくさん現れます。



価格は上だとにらんでいて、実際に価格が3pipsも4pipsも

上に行きだしたら飛び乗りたくなる気持ちはわかります。

でも、ストップにかかったときのことを

考えてロットを調整しないと損切りにいざなったとき

ルール通り行動できなくなるものです。

これは今だに私にとって課題となってますね。



チャンスはいくらでもあるのだから、大きな損を出さないように

ロット調節でリスクをコントロールするのが肝要かと思います。



ランキング参加しています
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。