So-net無料ブログ作成
検索選択

スキャルピング鉄板手法 グランビルの法則を使う [スキャルピング手法]

FXのスキャルピングの手法は順張り・逆張りと

よく分類されますが、これ、見方によって

順張りなのか逆張りなのかわからなくなることって

結構あります。


大きな流れは上だけれども、そこから押し目を拾うような

スキャルピングの場合、

それを指して「逆張り気味にエントリー」とか言ったりします。

これって大きな流れを見たら「順張り」で入っていることに

なりますよね。


もう一つ順張りと逆張りを理解するのにいい例が

完全に流れに逆らって入るスキャルピング。

これはこのブログでもたびたび紹介している

ヒロセ通商の小林芳彦氏のトレードが完全にそれですね。

彼は「相場の行き過ぎ」をうまくとらえて

逆張りエントリーして利益を積み重ねています。

彼のトレード手口はこのブログの過去の記事を見ていけば

いかにすごい逆張りかわかると思います>>小林芳彦 手口


で、この記事では大きな流れは順張りだけれども、

逆張り気味にエントリーする手法について記事にしておきます。


スポンサーリンク



スキャルピング手法にグランビルの法則が有効



スキャルピングは一分足や5分足を使うのが

一般的です。

1分足といえども、トレンドは発生します。

スキャルピング手法にグランビルの法則を使うのは

このトレンドの押し目をうまく捉えることができるためです。

下のチャートを見てください。

scalteguti.jpg

ドル円の5分足チャートを便宜上持ってきましたが、

1分足でも同じです。


上のチャート、トレンドは大きく見ると上昇トレンドですよね?

完全な順張りで入るとは、

価格が上に行ったときに、そのまま飛び乗る形を言います。

この手法はうまく行くこともありますし、

実際にトレーダーの仲間でこの手法で利益を

積み重ねているかたも知っています。


ただ、完全順張りの手法の難しいところは、

思惑がハズレて逆に行ってしまった場合、

どこで損切るのか?というのが目処を立てづらい。

仮に前回の安値を割ったら、とすると

それは遥か下のほうにあるわけであって、

一回の損切りで非常に大きな

損を確定させてしまいます。

一方上昇したレートはそんなに大きく上伸することは

まれですから、早利食いになりやすい。

勝率90%でも損が大きければトータルではマイナスに

なってしまいます。



そこでおすすめしたいのが、逆張り気味にエントリーする

順張りエントリー。

このときにグランビルの法則を使います。

guranbireu.jpg
出典:外為オンライン


グランビルの法則の基本的な使い方は上の画像の

通りだと思います。

すなわち、移動平均線に対し為替レートが

移動平均線に近づいたらとか抜けたらという使い方ですね。


しかし、私の場合は2本の移動平均線が近づいたら

という使いかたをしています。


上の画像の②を見てください。

ここの動きは「上向きの移動平均線を現在値が一時的に

下抜けた時」とあります。


私の使い方は「上向きもしくは横向きの長期移動平均線に

短期移動平均線がほぼ重なった時」

という感じです。


移動平均線が横向きになったり

長期移動平均線と短期移動平均線がほぼ重なるような

場面というのはよくあります。

scalteguti.jpg

もう一度先程の画像を見てください。

黄色い◯のところでは3本の移動平均線が重なっているのが

確認できると思います。

これは相場価格が修正されて、一旦バランスが取れていることを

示しています。

これまで少々行き過ぎた相場が調整され、適正になった

ということですね。



で、全体的な流れは上なのですから、

ここで移動平均線近くで買えたのなら、その時の適正価格で

買えたということを意味しています。

なので、まだ上昇材料があるのなら、非常に割安で

買えることを意味します。

スポンサーリンク



この場面でオシレーター指標、

上の画像ではストキャスティクスですが、

買いサインが出たのなら買いエントリーをする

という手法を私は実際に使っています。


もちろん、移動平均線が3本(もしくは2本)重なっている

ということは、今後相場が反転するのも容易いということでも

あります。

移動平均線が収束してくるということはそこに

売りも買いもたまっているということを意味しますから

ストップもつけやすいです。

なので、移動平均線が収束したところで

目安となる価格を探し、そこを割ったらドテンする

という戦略も可能です。

多くの場合、ドテンは成功します。



いかがでしたか?

これが通用するかどうかご自分で検討してみて

行けそうだと思ったらぜひ試してみてください。



この手法にその日の反転ポイントが事前にわかったら

鬼に金棒です。

ヒロセ通商もしくはJFXの小林芳彦氏の「今日のレンジ」

>的中率めっちゃ高いです。

多くの場合、反転ポイントを当ててます。

こちら>>JFX株式会社

ヒロセ通商



ランキング参加しています
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村


小林芳彦の情報で大儲けのはずが [小林芳彦氏スキャル手口]

9月23日金曜日

週末です。

今日のスキャル情報



小林芳彦のマーケットナビの数値がドンピシャ



スポンサーリンク



小林芳彦氏のマーケットナビはヒロセかJFXで口座開設すると

無料で見られるます。

毎朝7時~9時前までにはドル円のレンジ値幅とか

押し目買いの数値を教えてくれるのですが、

今日のはほぼドンピシャでした。


小林芳彦氏の推奨価格は100.58~100.68を買い、

ストップは100.45以下でした。

で、これが今朝のチャート

usdjpy1m0923.jpg
ドル円1分足チャート

このブログを見ればわかると思いますが、

私はスキャルに移動平均線(EMA)1分足と平均足を使ってます。

この局面、朝9時東京が開いてから

一回100.697まで突っ込みます。

下にブレイクアウトしたのだから、チャートだけ見てたら買うことはできません。

EMAはデッドクロスですから。

でも、小林芳彦氏の情報があるならここで押し目買いができますね。

その後は大きく上昇して、30~40pips取れた計算になってます。



まあ実際には100.68を付けることはなく、

100.697で反転してしまったのですけれど、

平均足を自分でみて損切りリスクもしっかりと認識できるなら

買えたと思います。


そんな絶好のチャンスでしたが私は寝過ごしてしまいましたw


この後は、ポンドドルで仕掛け作って用事に行ってきます。


小林芳彦氏のマーケットナビは口座開設で見られます>>JFX株式会社

ヒロセ通商



ランキング参加しています
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村




デイトレード fx 何pips取るのを目標にする? [デイトレード]

今日はポンドドルのデイトレードが大成功!

今日の成績です。

pondorukekka.jpg

取得pipsは35.2pips

決済損益は17,715円なので、一日の収入としては

なかなかでしょう。

これが毎日続くようなら脱サラできますw


さて、デイトレードとかスキャルピングとか似たような

取引方法がありますが、一応管理人の理解は次のとおりです。


スキャルピング・・・一回の取引が数秒~数分で完結するもの

デイトレード・・・・一回の取引を1日スパンで考え、持ち越しをしない。

定義は他にも在ると思いますが、ここではこの定義で

話をしていきたいと思います。

スポンサーリンク




デイトレードは副業向き



上記の定義のとおり、デイトレードでは建玉は1日スパンで

見ますので、何度も売買を繰り返す必要がありません。

ずっとチャートを見ていなければならないスキャルピングと

大きく違うのはその部分です。



スキャルピングを本格的にやり始めると

かなりトレードに時間を取られることになります。

勝っていればいいですが、負けがこんだときなどは

精神も疲弊してきます。


しかし、デイトレードならば一度方針を決めたら

あとは迷うことはありません。

その意味ではデイトレードのほうが初心者向きですし

副業として考えても無理がありません。



一日一回のトレードを行うデイトレード



一日スパンでトレードを考えるとはどういうことでしょう?

それは買いか売りかを決めるときに、

今日一日の値動きが大きく見て上か下かを考える

ということです。

したがって、見るべきチャートは1分足よりかは

5分足、15分足というスキャルピングよりかは長い時間軸で

値段をながめます。



今日のポンドドルの例を引き合いに出します。

gbpusd15m0922.jpg
ポンドドル15分足と平均足


今日ポンドドルの価格を見たのは夕方。

見ると平均足で陽線が出たところで、価格は若干前回の高値を

超えたところでした。

平均足を重視している私はここでエントリー。

建てたら後は出口戦略を考えます。


出口戦略とはすなわち利食いと損切りのことです。

チャートを見ると、高値を付ける前に一旦押し目を作っているのが

確認できました(黄色の細い線)

この線を下回ってくるようなら上昇トレンドは収束と

考えられます。なので、この安値よりちょっと下に

ストップを起きます。



安値より少し下に設定する理由は、多くのトレーダーが意識している

価格であり、ストップによって少しオーバーランする可能性が

あるためです。

そのストップによる下落の余裕(あそび)を考慮して

損切り価格を決めます。

今回は安値を1pip下回りますが、そこからは

上昇に転じました。

その後、価格は前回高値を超えて、利益確定という結果で終われました。



ストップとリミットはどう決める?



ストップ(損切り価格)とリミット(利益確定価格)はどのように決めるかは

大きなテーマです。

ですが、これは自分のトレード手法の勝率と大きく関係します。

たとえば、自分のトレード勝率が50%ぐらいである場合、

損切り価格と利食い価格が同じであれば差し引きゼロでとんとんです。

この場合、勝率を上げることで利益が残るようになります。


あるいは、勝率は40%くらいで半分以上負けるけれども

利食い幅を大きくすれば、利益を残すことができます。

勝率40%ということは負け率60%、勝ち:負け比率は2:3です。

この場合利食い幅:損切り幅は3:2であればトントンになります。

ここからチャートを研究して、利食い幅をもっと伸ばせないか

延ばすにはどこでエントリーしたらよいか、ということを

研究していきます。



勝率は40%でも利食い幅が伸ばせるようなら利益を残すことが

できるはずです。

もしくは損切り幅を狭くしてみて勝率を維持できないか?

なども考えても利益を残すことはできます。



じゃあデイトレードで何pips取ればいいか?



たとえば時間軸を15分足にした場合、その通貨がどのくらい一日で動くのか?

というのを調べると自然と目標となるpipsが見えてきます。

これは通貨によって違いますから、各通貨でどのくらい動いているか

調べる必要があります。


一日の値幅がドル円で1円あると考えれば、天底を取って100pipsということです。

天底を取るのは難しいでしょうから、一日の値幅はその3分の1から半分取るとして

30~50pipsくらい取るのが通常であると考えます。


各通貨や日によって値幅は変わってきますから一概にこのpipsを取る

というのは難しいです。

pipsを目標とするよりは、リスク管理をしっかりして

自分の売買手法でどのくらいのリスクでどのくらいのpipsを取れるかを

考えましょう。


証券会社のアナリストの情報をうまく利用する



テクニカルチャート分析は非常に役に立ちます。

しかし、初心者がいきなりテクニカルチャートをきちんと読み解くのは

難しいです。

そういうときは、証券会社のアナリストの予想レンジと

方向感を参考にしてみましょう。

有名な証券会社のアナリストの相場情報は使えることが

多く、実際そのとおりの値動きになることが多いです。

単純にアナリストの分析どおりに建玉しても

かなりの利益を残せるというのが現在のFX業界の常識に

なりつつあります。



以前はただ単にスプレッドの狭さを提供してきた証券会社ですが、

最近はそれだけでは証券会社も生き残れず、

信用できる情報提供をして

顧客に実際に儲けさせて生き残る戦略を取ってます。


レンジ値幅を参考にリミットやストップを決めるのは非常に有効な

手段になってます。

そういった情報は口座開設すれば見ることができます。


しばらくアナリストの情報を参考にして、実際にその通りに

値動きするのを確認して、やれそうだと感じたら実際に取引してみては

どうでしょうか。

おすすめはJFX・ヒロセ通商の小林芳彦氏のレンジ予想です。

毎日お昼前後に更新してます
↓ ↓ ↓ ↓
JFX株式会社

ヒロセ通商



ランキング参加しています
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村



スキャルピング 平均足 1分足チャート使用 [スキャルピング 平均足]

スキャルピングの手法はいっぱいあります。

今回は私がメインで使っているスキャルピング手法である

平均足を使った手法を紹介したいと思います。



スポンサーリンク



平均足チャートを使ったスキャルピング手法



1min.jpg

ポンド円 1分足チャートと平均足

上の画像は下が平均足

上がオリジナルのローソク足

平均足の特長は陽線や陰線が連続して出るためトレンドを

つかみやすいというところです。

スキャルピングには色々手法があり、大きく分けて値段の行き過ぎを

抑える逆張り手法や

トレンドに乗っかって利益を大きくとる順張り手法があります。

たとえば、このブログでも紹介している小林芳彦氏の

スキャルは逆張り手法ですね。

逆張り手法について知りたい人はこちらどうぞ>>小林芳彦氏スキャル手口


ここでは順張りについて紹介します。

順張りスキャルの特長は小さい損に対して、大きい利益を狙う

損小利大のトレードが可能であるところです。

上の画像を見て分かる通り、

上昇トレンドにおいて押し目から反転していく過程を

平均足の陽線がうまくとらえています。


平均足で陽線が出たタイミングで買いでエントリーしていれば

大きくpipsを取ることができるのが見てわかると思います。



もちろん予想に反して反落した場合でも

平均足で陽線に転じた直近の安値にストップをおいていれば

浅いストップで抑えることができます。

相場の状況にもよりますが、ドル円ならば

ストップ値幅は2~4pips程度、

利幅は5pips以上狙っていいでしょう。

勝率が5割を超えるならば利益を十分に残すことが可能です。



平均足のデメリット



いいこと尽くしに見える平均足ですが、デメリットもあります。

それは平均足は文字通り平均値を取っているため

陽線や陰線に転じるタイミングが実際のローソクよりも

遅いところです。

平均足のローソクだけを見て、「平均足でトレードすれば

簡単じゃないか」と初心者は結構います。

しかし、実際には相場が速いときは、平均足でサインが出たときは

すでに価格がかなり進んでしまったときであることもあります。

そうなるとストップ(損切り価格)まで遠くなってしまいますから、

エントリーして逆行したときに大きな損をかぶってしまいます。

このときにロット調整などをして、損切りになっても

大きな損にならないように気をつけます。



ランキング参加しています
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

スキャルナンピン失敗 デイトレも不発 [スキャル実践]

9月22日ドル円スキャルの結果から

usdjpyrsult.jpg
ドル円スキャル結果

今日は利食いは小ロットで浅く、

損切りは大きいロットでやや深めでやってみたところ

見事に裏目に出ました。


今日のドル円はよく動いたということもあるんですが、

思惑通りに動いて利食いできたときはストップが深いので

ロット調節で少なく建てたのが裏目に出ました。


逆に思惑が外れたときはナンピンしてました。

損切りする値段は含み損3000円くらいなので

大きくはなかったんですが、数が多い。

今日の勝率37.5%!

ダメダメ。



今後の方針



スポンサーリンク



ストップまでの距離によってロット調節してましたが、

それを止めてみます。

単純にサインが出たら固定ロットでエントリー。

これで行きます。



デイトレ結果



gbpusdresult.jpg

こっちもダメでしたね。

ただチャートは興味深い。

gbpusd15m0921.jpg
ポンドドル15分足

ポンドドルは直近の高値を破りつつ

下値も抜ける展開。

拡大する三角というやつですな。

不安定な相場で出現しやすいと言われていますが、

ポンドドルはマイナー通貨なので、単に変な動きをしている

だけなのかもしれません。

ブレイクアウト手法を取るトレーダーには厳しい展開。

いつもこうではないはずなので、

今回は仕方ないと割り切ります。

これが続くようなら売買方針は変えたほうがいいということでしょう。


仕切り方に工夫が必要



今日のポンドドルの売りは間違いではなかったと思います。

ただ、いつも価格を見ていられるわけではないので、

仕切るタイミングを逃してしまってもったいないことになっている

感じです。


今後は単純に勝利を5割と考えて、トータルでやや利益が残る

ようにリミットを延ばすか、

もしくは損切り幅と利食い幅を同じにして勝率を上げていくか

シンプル化していきます。

ランキング参加しています
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村



ポンドドルデイトレ売りエントリー [スキャルピング 移動平均線]

9月21日ポンドドルのチャートを見ていきます。

gbpusd1d0921.jpg
ポンドドル日足チャート EMA

日足だと下落トレンドを描いていますが、下値を抑えられていて

やや底堅いように見えます。

でもまだ全体的な動きとしてはまだ下じゃないかと思います。


gbpusd1h0921.jpg
ポンドドル1時間足チャート

1時間足では一旦大きく戻して作った直近高値を少し超え、

EMAはゴールデンクロスも発生しています。

黄色い線を明確に超えてくれば買い

赤い線を割ってくれば売りがはっきりしますが、

この間にある限りはまだはっきりしない相場付き。


gbpusd15m0921.jpg
ポンドドル 15分足

15分足では一旦下げ止まりで戻りも一杯に見えます。

ストップを浅めに設定できるのでここでもう一度売ってみます。

ランキング協力お願いします。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村


スキャルで勝ち デイトレで負け [スキャル実践]

本日のスキャル戦績

ドル円のみ

doruenscal.jpg

朝方9時過ぎのドル円上昇の押し目を買ったトレードが

多かったです。

多かったというより、全部かなw

小林芳彦氏とも手が合って結構安心してトレードできました。

今日は負け無しの一日でした。


途中小林氏は伸び切ったところを売ってましたが、

そこは真似出来ないので無視。

結果それがいい結果を招いたと思います。


一方デイトレは負け



今日はポンドドルで買いを入れてましたが、ストップに引っかかってました。

pondoru.jpg

チャートを見るとこんな動き

gbpusd60m.jpg
ポンドドル1時間足

一旦上に行ったんですけどねぇ~

リミット入れてればあるいは・・・と思いますが仕方ないです。

pondoru15m.jpgpondoru15m.jpg
ポンドドル15分足

平均足をエントリーサインと見たシンプルトレードですが、

まあルールどおりエントリーはできたかなと。

ストップも予定通りですし、一旦は上に吹き上がっていたわけだし

ロットも適正。

まあ良しとします。

こんなんで一喜一憂してもしゃーないです。

また明日に備えます。


ランキング上位者はすごいっす
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村


ポンドドルでデイトレード [スキャルピング 移動平均線]

9月20日火曜日

今週は日本市場はシルバーウィークということで

ちょっと閑散とした動きになりそうですね。

それでもスキャルならそこそこ稼げそうなのが魅力です。

で、スキャルは小林芳彦氏のものを参考にしつつ

これからも続けていきますが、それとは別にデイトレードの

手法を考えていきたいと思います。

スポンサーリンク



デイトレードとは?



今さらですが、デイトレードというのは日中取引を意味し

翌日へ建玉を持ち越さない取引手法を指します。

なので、含み損を抱えたからと言って含み益に転じるのを

待ってオーバーナイト(夜間持ち越し)をしないというわけですね。

取引回数も1回かせいぜい2~3回でしょうか。

スキャルは小さい時間を見つけて数秒~数分で取引を終えられますが、

小さい時間を見つけて取引しているつもりが、

なかなか仕切れずについつい長い時間かかってしまうこともあると

思います。また、価格が気になってしまって仕事に集中できない

なんて悩みもよくあることです。


その意味でサラリーマンのかたなどはスキャルよりデイトレードのほうが

トレードスタイルとして合っているということがあるかもしれません。


このブログでのデイトレード方針



このブログでは指数平滑移動平均(EMA)と平均足を使った

トレードを実践していこうと思います。

使う時間軸は60分足と15分足。

gbpusd60m.jpg
ポンドドル 60分足

60分足チャートは比較的見ている人が多いチャートだと思います。

これにEMAを重ねてトレンドを測ります。

上のチャートだとゴールデンクロスをしているので

買い目線ですね。

gbpusd15m.jpg
ポンドドル 15分足

実際のエントリータイミングは15分足を使用します。

15分足はデイトレードをするタイムスパンとしては

ちょうどよいと思われます。

30分だと1日の利幅を狙うにはチャートが短くなりすぎ、

5分だとややチャートが冗長でダマシに合いやすいんじゃないかという

考えからです。


扱う通貨は?



60分足でトレンドが出ているならばどの通貨でもいいと

思いましたが、動きの大きいポンドドルがおもしろそうだと

思ったので当面はポンドドルでやろうかと思います。

ドル円はスキャル用、その他通貨はデイトレード用と

分けることで管理もしやすいですからね。


ちょっとやりづらいな、と感じたら他の通貨も扱いたいと思います。


本日の取引



今のところ、ポンドドルを2万通貨買いで持ってます。

ストップは直近安値の1.3003くらいに。


応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村


ドル円消費者物価指数上昇を受けて上昇 [小林芳彦氏スキャル手口]

9月16日ドル円相場

21時30分発表の米・8月消費者物価指数は予想を上回り+1.1%。

これを受けてドル円は大きく上昇。

22時過ぎには102.216をマークしました。

スポンサーリンク



本日の結果



result0917.jpg

今日もあまり時間がなかったというのもあって

成績がよくありません。

pips合計では負け越し。

ストップの近いところは通常ロット、

ストップまで遠かった場合はそれに見合うロットでやった結果が

こうなりました。

今後も続けていこうと思います。



今日の小林芳彦氏のスキャル



chart09171m.jpg

21:40過ぎに小林芳彦氏怒涛の売り浴びせスキャル。

リアル配信を後でみたらだいぶ高値近辺で売って

利益にしていましたね。

こんだけわかりやすく動いたときは彼の真似をしても

勝率が高い気がします。

ストップは高値更新したらでいいんじゃないでしょうか。

そうなったときに損切りを躊躇なくできる自信のある人は

彼のリアル配信を参考にトレードしてみてはどうでしょうか。


口座開設で無料で見られます>>JFX株式会社

ヒロセ通商


スキャル ブレイクアウト狙いで大敗 [小林芳彦氏スキャル手口]

9月15日ドル円スキャルピング本日の収支はマイナスでした。

result09015.jpg

今日は20時頃にスキャルピング参戦。

ドル円買い狙い、売り狙いどちらもやりましたが、

特に前回高値をブレイクアウトした後に飛びつきで買った

トレードが失敗だったと思います。


スポンサーリンク





今日の取引



usdjpy1m0916.jpg

ドル円1分足チャート

上の画像で黄色い◯のところの高値を超えてきたので

ブレイクアウトしたところで買ったのですが、

その後ドル円はズルズルと下がり短期EMAを割り込みました。

短期EMAに触れたところでナンピンしたのですが、

これも割り込んだあと損切り。

1万円強の損切りをさせられました。

その後ドル円は高値を突破していったので

かなりくやしいトレードとなってしまいました。


反省点としては、高値ブレイクアウトは

結構フェイクが多いので、それの対策を怠った点ですね。

ロットを小さくしてやるべきだったのに、通常の

半分でやってしまった。

半分ならいいのでは?

いやいや、ロット数は損切りする位置を計算に入れて

やるべきですね。

今回飛びつきで買ったとき、どこで損切るか

明確でなかった。

買ったあと、もう儲かることしか頭になかったんですね、恥ずかしながら。

短期EMAで切ろうとは思ってましたが、

ほんとにそこまで下がると思ってなかった。

これが一番反省すべきところですね。


スキャルピングでブレイクアウトは有効か?



スポンサーリンク



スキャルピングで使うチャートは1分足が多いと思います。

1分足でブレイクアウトというのは有効なのか?というのは

大事なテーマであると思います。

個人的な見解を申し上げると、有効であると

思っています。

ただ、1分足チャートというのはテクニカル的に

根拠として弱いと感じているので、

1時間足や日足と比べるとブレイクアウトの

傾向は少ないと感じます。

つまり、ダマシが多いんですね。


上の画像で示したチャートでは高値を更新するんですが、

ほんの数pipsしか更新しない。

これでまた押し目を作ってもう一度上へ・・・という

動きなんですが、ブレイクアウトの幅が狭い。

これはダマシと言ってもいいですが、

徐々に上昇相場が終わっていることを暗示していると

思います。


V字で反転する相場というのもありますが、

どんなことでもソフトランディングが望ましいわけで

相場も例外ではありません。


この後ドル円は下落に転じており

この「わずかの高値更新」というのが生じたら

トレンドが終わったと認識したほうがいいと感じますね。


今回の小林芳彦氏のスキャルは?



もう一度上で紹介した画像を出します。

usdjpy1m0916.jpg
ドル円1分足チャート

今回小林芳彦氏は黄色い◯のところで売りで参戦しています。

つまり、今回の私は小林芳彦氏とは反対のトレードを

していたわけです。

彼に逆らうとあんまりいいことないかもしれませんね。

日々、彼のトレードを見ていると

結構な確率で小林芳彦氏のカウンタートレードは

決まってますね。

彼の場合はテクニカル指標でやるよりかはプライスアクションとかで

やっているのだと思います。

あとは、どこにショートが溜まっているかとか

実需がどこで戻り売りを待っているかとか

言う情報をうまく活用しているのだと思います。


彼のスキャル手口を見るならヒロセかJFXで口座開設すると

見られますよ>>JFX株式会社

ヒロセ通商



ランキング参加中
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。